モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

選んでもらえないのが怖い

以前

ににくんを風越学園に入れたくて

お受験を決意した話を書きました

 

それ以来

なんだか夢見が悪い

 

いやな夢をみて夜中に目が覚めて

なかなか眠れない

 

眠れないのは心の悲鳴?

そうミカ先生に言われているから

 

やはりワタシはお受験が不安なのだと思う

 

何がそんなに不安なんだろう?

 

お金が足りないのが不安?

知らない土地に引っ越すのが?

 

いや違う

 

ワタシは、自分が選ばれないのが怖いのだ

 

受験内容は親の作文なのだから

実質親で合否を決めているのと同じこと

 

ワタシは自分を選んでもらえなくて

傷つくのがすごく怖いのだ

 

だって

ワタシは今まで一番ほしいものに

選んでもらったことがない

 

高校に選んでもらえなかった

 

大学に選んでもらえなかった

 

会社にも選んでもらえなかった

 

初恋の人にも選んでもらえなかった

 

母にだって、選んでもらえなかった

すなわち

 

あなたがいい、と言ってもらえなかった

 

いや待って

 

究極

 

ワタシは自分のことを選んであげたことがあっただろうか

 

自分のことを

キミがいいね

 

と言ってあげたことがあっただろうか?

 

ないかもしれない

 

ワタシは自分がキライだったのだ

 

容姿も

性格も

持って産まれた能力も

 

いいね、と言ってあげれなかった

 

自分がいいと思わないものを

他人が選んでくれるわけないのである

 

今になって

いい大人になって

ワタシはようやく自分のことを

いいね、と思えるようになりました

 

だからもう、大丈夫

誰にえらばれなくても、

ワタシがあなたがいいと、思っているからね

と自分に言おうと思います(*´Д`*)

 

話はそれますが

NHKあずきちゃんというアニメがやっていたのを

覚えておられる方、おられますでしょうか

 

そのオープニングの歌が好きで

時々調子がいいと歌うのですが

 

なんでもない

なんでもない

キミの笑顔を

世界中でぼくだけが知ってる

ほらステキなキミさ

 

これ、恋の歌だと思うのですが

ワタシはキミの部分をににくんと思って

 

親子の愛の歌にしているのですが

 

このキミのところを

今度は自分と思って

歌って元気をだそうと思います

 

自分を好きになるって大事ですね(いまさら)

お読みいただき、ありがとうございました

 

この記事を書こうと思ったのは

同じブログ仲間の方が紹介してくださったブログを読んで

 

その方も娘さんが受験するのに不安を抱えていて

何がこんなに怖いんだろう?

と思って

気持ちを掘り下げていくお話に

 

触発されたからです

みちのさん、紹介いただきありがとうございました

(*´Д`*)