モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

自分を楽しませることが大事(芝キャンプに憧れる2)

ゴールデン明けお疲れさまです

 

前回のキャンプの続きを書きたいと思います

 

こちらのキャンプの目的は

子供たちのためもありますが

いかにリラックスして自分を楽しませることができるかという

ワタクシの裏目標がありました…

 

さて、バーベキューを終えて

 

お風呂に入り終わるころは、とっぷりと日が暮れておりました

 

お楽しみの夜の探検の時間です

 

上着はいらないと言われましたが

しっかりと子供の分を手に持っていく心配性のムギコ

 

キャンプ場の芝生広場へ到着しました

 

そこには、とても幻想的な光景が✨

 

おしゃれなテントとタープ(日よけのことをそういうらしいです)

闇に浮かび上がるランタンと焚き火の明かり

くつろぐしあわせそうな家族

 

そんなパーティが芝生に点在していて

 

な、なんかめっちゃ素敵なんですけど~?

 

今回とまっているコテージもよいところでしたが、

この光景はムギの心をわしづかみにしてしまいました。

 

なんででしょう?

夜の灯りにきゅんとするのは、縄文時代の細胞の名残でしょうか

 

夜いつまでも外であそんでいられる

疲れたらそこで寝てしまえる自由と解放感

 

そして最近のキャンプ用品はみんなおしゃれなのですね…

イルミネーションがついてるし

クリスマスでもないのに!(固定観念

 

ひねくれた一昔前だったらこんなの金持ちの道楽と

ひがんだ目でみたかもしれませんが

 

少し自分を癒している今は、こんなに自分の好きを全面にだして

楽しんでいる様子を

素直にいいあと思える自分がおりました

 

子供たちが小川のイモリ(夜行性)に大興奮している間

夜のテントキャンプの様子に大興奮していたワタシです

 

これは

イメージしていたものと大分違う…

ワタシのキャンプイメージは

小さくてせまいテントから

クマのような山男がのそのそとはいだし

おもむろにガスボンベでチキンラーメンを食べだすような…

 

うちのパパが昔そうだったやつで…

 

すいません、ワタシの脳内イメージはきっと古いのね

 

夜の探検を終えると就寝です

子供たちとパパはぐっすり

 

ワタクシはというと、

やはりちょっと緊張したせいか

なかなか寝付けず

夢をみっつほど見ました

 

でも以前のキャンプでは一睡もできなかったのですから

夢を見たということは眠れたということで

一歩前進した感がありました

 

次の日も快晴で

芝生の緑がきれいでした

そこにゆったりとくつろくテント泊のみなさん

天国のよう(チラ見していく)

 

今度はここで芝キャンがしたいなあとムギは思いました

 

でも

キャンプ用品って高いよね…

そろえたら何十万もしちゃうよね?

 

ワタシには

好きなものを買う時に

喜びよりも罪悪感がまさってしまう傾向があります

 

お金がかかるのに

ぜいたくして

無駄なものを買って

 

ちくちくちく

心が痛みます

 

そんなことなら子供の学資資金でも

貯めたらいいんじゃない?

 

でもね、そうやって

あなたたたちの為にがんばってるのに!

 

と不満いっぱいに

自分を犠牲にしてあなたのために我慢してきたと

言われても、

 

ににくんもべちくんも嬉しくないだろうな

 

それよりも自分のしたいことをして

楽しんでいる大人の姿を見て

 

人生楽しんでいいんだと、子供たちが

思えるようにしてあげたいな

 

パパ…

次はテントなんて、どうでしょうかね?

(さんざんワタシはコテージにしか泊まれんと言っておいてのこの言葉です)

 

 

いいよ!

 

 

 

ええ~?

 

いいの!?

 

実は昨晩の光景を見て

パパもめっちゃうらやましかったらしいです。

 

はじめて買いたいものが一致しましたねえええええ!!!!

 

というわけで目下

キャンプ用品を検索しています

 

ににくんはもう四年生なので

中学生になったらもうついてきてくれなくなるかもしれないので

 

いそげ~

 

あと何回一緒にキャンプできるかしら?

ちょっと切なくなる今日この頃

 

みなさまも自分の好きを大事にしてくださいね

お読みいただきありがとうございました

夕焼けとステキなテントです✨