モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

珍道中な思い出をいつまでも(修了式にて)

前回自分を癒すことについて書き、

燃え尽きたモモムギです。

 

で、今回は楽しいことを書こうかなと思って(タイトル通り)

 

あ、でも自分を癒した結果を書きます!と予告していたので

結果を

 

ずばり!

 

怒られることがなくなりました!

 

そして

 

可愛そうな子が家にごり押しで入り込むことがなくなりました!(最近です)

 

いやああ、がんばったなワタクシと、自分をほめてあげたいです。

 

ちょっとづつ現実が変わってきているわ…

 

思えばににくんの卒園式なんてですね

幼稚園からににくんをぼろくそに言われていたので、

ああ、やっと卒園できるみたいな

そんな気持ちで感動もなにもなく、ひとりのママ友もなく

 

ただ着物の帯がきつくて早く帰りたいワタシ、もう無理という感じだったんですよ…

 

それがべちくんの時は

先生とも打ち解けて、ママ友はいなかったけど、顔見知りのあいさつくらい

できる人もいたし(ハードルの低さよ)

 

きっと感動できる、きっと泣いちゃう!

という気持ちで望んだ修了式

 

ムギコはまたやらかすのである

 

親子ばっちり支度して

 

手をつないで保育所

 

空は青く桜は五分咲き

最高のシチュエーション

 

きっと泣いちゃうと思って

保育所の玄関前に着いたとき

 

ワタクシの心は凍りつきましたね、はい。

 

玄関前で写真をとっている女の子

ひとりは袴、ひとりはドレス

 

 

 

ええ~?

 

みんな園服じゃなかったの!?

 

園服きてくるんじゃないの???

 

ワタクシ真っ青になりましたね

あわてて先生に聞いたら

 

そうですね…みなさん、スーツとかですね

 

ぎゃああああああああ

 

着替えてきます!

 

そう言ってUターンしました

 

しかし!

着替えの用意などないのである

 

ああ、パパのネクタイがなくて前日実家に借りにいったワタシ

パパなんかより、なぜべちくんの服を心配しなかったのだ?

なぜ園服だと固く信じていたのだワタシ!

 

着替えなんてあるの?

というまっとうなパパの疑問をガン無視して

 

頭をフル回転させるムギ

ズボンはもう、小学校の制服のズボンにして

ブラウスは着てるし

 

あとは上着

上着なんてあったかしらあああああ(ナイ)

 

ついさっき出ていったみんなが

もどってきてびっくりするににくん(留守番)

 

べちくん!

これ!このズボンはいて!

で、えええええーとおおおお

 

長い靴下がない!

かかとのやつしかない!

もうににくんのやつをはけ!

 

で、あとは上着

なにかないかなにかないか

タンスをひっかきまわすムギコ

(ドラえもんの気持ちがよくわかる)

 

着替えなんてあるの!?←パパ

 

あったあああああああ!!!

 ↑ムギえもん


ああこのセーター

お正月にパパの妹ちゃんがプレゼントしてくれた

水色のお高級なセーター

 

カレーかミートソースがついたらアウトだと思って

着ずにしまっていたセーター

 

これにブラウスの襟をだせば

 

ああ!よくなったよくなった!←パパ

 

神様仏様権現様、そして妹ちゃん様

 

うおおおお、もどれ遅刻だあああああ

車で舞い戻りましたね(歩いて10分)

 

舞い戻ったらみんな着席していて

小声で

 

大丈夫でしたか?と聞かれました

保育所の玄関で大騒ぎしたのでね…

 

はい、着替えできました(げっそり)

 

ああ、すまん、すまんよべちくん

 

おれはアホか?アホなのか?

 

晴れの舞台にべちくんを不安にさせて

すまんよ、すまあああああん

もう、感動どころではなく

冷や汗をかきました

 

そんな中水色セーターのべちくんは

 

立派に証書をもらい

 

にんじんを育てたよ!

食べれるようになったよと

 

ひとりで台詞を言うことができ

 

おお!年中の発表会では泣き通しだったのにと

 

ようやく感動できたワタクシでした…

 

ああ、ある意味一生思い出に残る修了式

みなさま、式の服装は確認したほうがいいですよ…(お前だけだ)

 

お読みいただき、ありがとうございました

べちくんの入学式も、なかなかだったので

次回お届けしようと思います(*´Д`*)

 f:id:tukadamomoko:20220418125846j:plain

グラタンに癒される✨