モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

なぜ支援センターに行きたくないのか、なんとなくわかった話

最近我が家にあつ森が登場し

 

ブームが

 

金払えだなもー

 

のモモムギ一家です

 

パパに支援センターへの予約を頼みました

覚悟を決めたモモムギです

 

どうしてこんなに行きたくないのか?

 

はじめは、センターのおじいちゃん先生の対応が悪かったからだと

思っていて、まあそれもあるのですが

 

本当は、根本にあるのは

 

あれです

 

結果を知って

 

ににくんに対してがっかりし、失望し

心配して、その心配をににくんに垂れ流してしまうのではないかと、

 

それが一番怖かったのです、はい。

 

親に失望され、心配され、信頼してもらえない、というのは

すごくすごく、苦しいことだと、

 

モモムギ、身をもって知っていたから

 

それをににくんにやってしまうのではないかと

恐れていたのです、たぶん(天啓ここにきたり)

 

ワタシは、母にずっと失望され心配されてきました

 

勉強ができないことも

容姿がよくないことも

正社員になれないことも

仕事が続かないことも

 

結婚できるか心配され

 

結婚すれば

あなたは飽きっぽいからすぐ離婚するんじゃないかと心配され

 

電話にでなければ何か事件に巻き込まれたのかと心配され

 

時間通りに家に行けなかったときは、事故ったのかと思って心配

 

心配で心配で眠れなかった、と言われる度

胸が苦しくなるワタクシ

 

ワタシはずっとににくんのことを

純粋で天使みたいな子だと思っていて

 

それを幼稚園でぼろくそ言われてかなりへこんだのですが

それでも

家では困っていることはありません。

ワタシはににくんと暮らしていて幸せなのです、と思っているこの気持ちを

 

支援センターの結果で

ガラガラとうち砕かれ

彼はここが問題です!

とつきつけられたら

 

ににくんにがっかりする?

失望する?

信頼してあげれない?

 

そんな自分は絶対に許せない!!!

 

それは、自分にそうしてきた母を

今でも絶対に許せない!!!!

 

という思いがワタシの中にあるからなのだ(天啓2)

 

 

母のようにはならない!

という気持ちがもう

ガッチガチにワタシの中にこりかたまっていて

 

たぶんそれが

その完璧主義がワタシを生き辛くさせている?

 

仕方ないじゃないか、

がっかりしたって

問題がなかったほうがよかったって思うのはあたりまえ

 

心配したってしょうがないよ

こどものことが好きなんだから

 

そう思う自分を許してやりなよ

そしたら、母のことも許してあげれるのかも

しれないだもよ(たぬきち風)

 

ただそれでね

こどもをどうにかしようとするのではなくてね

もしセンターでアドバイスなどもらえたら

 

あせらず、

ににくんにそうしてあげて

 

心配してしまう自分がいつか

ににくんは大丈夫だもーっと心から言えるように

なりたいと、

そう思いました…

 

師走はなんとなく心もからだも慌ただしいですが

みなさん

 

クリスマスとお正月を楽しみに

がんばりましょう

お読みいただき、ありがとうございました

 我が家にあつ森がやってきたf:id:tukadamomoko:20211210094447j:plain