モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

カウンセリングを受けてきました2✌️

低空飛行、省エネモード、メンタル治癒中の

まみむめモモムギです

 

前回の続きを

 

ににくんの先生から

発達支援センターへの受診をすすめられ

ショックのあまり不眠症に陥ったワタクシは

藁にもすがる勢いで、カウンセリングを受けました。

 

先生はもと小学校教員、養護教員で、カウンセラーのミカ先生です。

 

発達支援センターに行かなくちゃと思ったら、眠れなくなりました

という案件を見事解決してくださった、

 

一部始終をごらんください

 

Q1なぜそんなに行きたくないのか?

 

…そう、正直ワタクシはににくんが発達障害でも学習障害でも

彼のことが大好きなのです

 

支援センターがイヤなのは

診断を受けるからではなくて、

そこにイヤな思い出があるからで

 

幼稚園時代

ににくんを

まるで欠陥商品のように先生にぼろくそ言われたあげく

それをまるっと信じて

絶対なにか問題あると決めてかかった発達支援センターの

おじいちゃん先生よ

 

テストが発達障害に該当するような結果ではなかったのに

やめるのをしぶったおじいちゃん先生よ

 

彼のところに舞い戻り、

 

ほうら、やっぱり問題だっただろう?

みたいな顔されたら

 

うぎぎいいいいいいい

血管が切れるかも

 

 

Q2じゃあ、どう、対応してほしかったのでしょう?

 

ほめて欲しかったんです!

ににくんは素直だし、優しいし、純粋だし

いいところがたくさんあるのに…

 

あれができないこれができないと

問題ばかり指摘されて

 

そりゃあ、お友達に意地悪したりとか、お集まりなんかををわざと邪魔して先生を困らせるとか、そういうことなら、

 

ワタシだって、深刻に受け止めて、問題だと思うんですけど

ボーッとして話を聞いていないというのは、

 

大人だって興味ないことを50分真剣に聞けるかと言えば

無理だし

 

もし、もし幼稚園の先生がひとことでも誉めていてくれれば

支援センターのおじいちゃん先生が、

今回は特に発達障害にあてはまる結果でなかったから

 

また困ったことがあったら、来てくださいと

 

すんなり終わらせていてくれれば

 

オレだって、オレだって、

 

うぐっ

うぐぐぐっ(泣いてる)

 

そういうわけで!

行きたくないけど行かなくちゃと思ったら、

眠れないんですうううううう

 

お、オレは

ににくんには

中学はサドベリーとかデモクラシースクールとか

テストと授業と評価がない、自由な学校に行かせたいと

思ってるのです…

 

好きなことをとことん追求して、

そのための努力ならがんばれると信じているんです

 

学歴よりも

彼が今笑って生きていることが大事と思うんです!

 

と熱く語った結果

 

ミカ先生は

 

支援センター行きたくなかったら、行かなくていいです

そしてそう思っていることを今度はちゃんと小学校の先生に言いましょう

 

幼稚園の先生にも支援センターの先生にも思っていることを言えなかった

じゃあ、今度はちゃんと

自分が思っていることを伝えて

コミュニケーションするのです

 

アドバイスくださいました

 

長く長くなってしまいましたので

はたしてワタシの思いは届くのか?

またお付き合いくだされば

嬉しいです😆


f:id:tukadamomoko:20211126140815j:plain

お弁当が癒しだわ(また笑)