モモムギ日記-日々ほわほわと生きていく

人生の底辺(笑)から少しずつ自分を癒していく日々をつづっています

子育てはまさに、人生をかけた実験である

久しぶりに昼食を一人

ゆっくり咀嚼していただきました

モモムギです


さて今回は子育てについて

結果がでるのに、十年以上かかり
なおかつやり直しがきかず

きくのかもしれないけでど、はなはだ骨のおれる作業になる
この子育てというものを

ワタシはすごく、すごく気張ってやってきました

なぜなら母のやってきた子育てがめっちゃ間違っていた結果
今の情緒不安定、社会性ゼロ、引きこもりの
モモムギになったと思っているわけで

我が子には
ぜええええええったい間違わない!
と思っているわけで


でも結果は、やはり相当時間がたってからしかでないという…


難しい問題

日々軌道修正を必要としていないか問い
ことあるごとに我が子観察してしまうワタクシの子育てもまた
ににくんとべちくんには
窮屈なのかもしれない…


母もね
すごく子の幸せを願ってやった子育てだったと思うんですよ
まあ、新興宗教の布教でほぼネグレクトだったのはさておき

彼女はすごく教育熱心で
金がないのに関わらず
習い事から
参考書
通信教育にいたるまで
とにかくやらせたがりました

彼女にとって幸せとは
いい学校に入り
良いとこに就職し


○○にお勤め?
まあああああ、優秀なお子さんなのねえ
と言われることが、自分の誇りでもあったのです


それは自分が
優秀だったのに
女の子だからという理由で
進学できず

その後高卒をバカにされて生きてきたという
体験から


とにかく
学歴がなきゃバカにされて
その後の人生にケチがつくと
信じていたのでしょう


そして残念ながら
お勉強ができなかったワタシは
いくら頑張って勉強しても
母の期待に応えられず

始めは努力が足りないと思われ
のちに
残念ながら能力がないとがっかりされ


必死に国立の大学に受かったのちには
もう、
燃え尽きて
就職する元気が残っていませんでした


精神状態、ガタガタ…


ワタシは、なんというか
家のことが好きで

掃除して
洗濯して
四季折々に家を整えて
庭があり、畑があり
あとは子供と
のんびり過ごすのが幸せという

そんなタイプだったので

大臣か博士になってほしかった母の願いに
もう笑っちゃうくらい真逆な生き方で

今でも
平凡な主婦になっちゃったねと
ぼやく母に

苦笑いです(;^∀^)

そんなワタクシが
子育てする側に立ったときどうしたか?
続かせていただきます

お読みいただきありがとうございました。

f:id:tukadamomoko:20210827122552j:plain

子育て中…実験中…